(10月配信のメルマガ「回復上手な疲れないカラダ作り」より抜粋)

東京はこのところ朝晩は少し冷えるものの日中との気温差が縮まり、ほんと過ごしやすくなりましたね。

身体を動かすには、この時期が一番いい季節。収穫の秋だけあって旬な食材も多く、栄養もたっぷりとって、カラダを修復させる大切な時期でもあります。

いい季節だからこそ、しっかりトレーニング!

先日も15分のレッスンを終えたクライアントが、ボソッとひと言、

「ぜんぜんできなかった~これは苦手ですね」

そう今やっているのは、早い動きの種目ではなく、スローな動きのもの。

もうすぐ1年になる方なので、フォームがよくなってきて、それでカラダへの効きが早くなっているのもあります。

逆に効きが遅いのは自分のやりやすい形でやっているから。コーチのフォームをまねしようとする意識が薄いとこうなり、成長スピードも遅い(悲)。

楽なフォームだと刺激が入らないのです。

例えば、椅子の背にもたれて座っていればラクだから長時間いられる。でも背もたれから離れて背筋を伸ばして(これが正しい座り方=いいフォーム)座ってたらどうでしょう?

慣れてないからすぐに疲れて元に戻ってしまいますよね。

そして両方を比べたとき刺激が入っているのはどっちの座り方(フォーム)でしょうか?言わなくてもわかりますよね(笑)

苦手なことをやるから刺激が入る!

いいフォームだと回数が少なくても効きが早いから刺激が入るし、時間が少なくて十分。もちろん重いものをもつ必要もない。

これがアクティブリカバリー(A.R.M Active Recovery Method、記事の最下部を参照)の特徴でもあります。

とくに早い動きよりもスローな動きは、ごまかしが利かないからなおさら。だから苦手なことをやるほうが刺激が入り、カラダはどんどん若々しくなっていきますね。

逆に刺激がなくなれば老化や衰退に一直線。

ビジネスと一緒で、慣れたことばかりしていては刺激が入らない。新たなことにトライして、どんどん変化していくから成長もしていける。

カラダもビジネスも色んな角度から刺激を入れ続けることが必要なんですね。

そんなスローな動きのトレーニングはこちら↓自宅ならチューブを(長方形の)タオルに変えてもできます。

※A.R.Mは未来の健康の価値を創造し、 実践する場です。
Active(アクティブ)・Recovery (リカバリー)・Method(メソッド)
直訳すると『積極的に回復をはかる方法』。
 
『疲れをその日に取る』 『環境・季節対策のトレーニングメニュー』
 
この2つのアプローチで週1回15分、筋肉を 短時間で疲れさせて年間通じた圧倒的な回復力を獲得していきます。