(7月中旬のメルマガ「回復上手な疲れないカラダづくり」より)

今夏は梅雨明けが長引き、日中はとくに湿気が多くて不快を感じる蒸し風呂状態。

不快といえば、マスクもですね。

時代の変化なのか、マスクも様々なメーカーが参入してますね。

ユニクロ、アンダーアーマー、アオキ(紳士服)などなど。

売れ切れ続出で、入荷も未定だそうです。

そういえば、日本を代表するスポーツメーカーのミズノも参入していて、この会社はWEBで事前に抽選するとのことで試しに応募。

そしたら、先日「当選」のメールがきました(驚)

ただ、正直なところマスクはしたくない。

マスクの話題をしておいて何ですが(笑)

あなたもきっとそうですよね?

パーソナル(1対1)のレッスン中は飛沫防止でつけてます。

もちろん、危険ですからクライアントはつけませんよ(A.R.Mはプライベートジムなので)。

不特定多数の人がいるスポーツジムや外でのランニングでは、マスク(またはそれに準ずるもの)をつけるのを推奨。

これから夏本番を迎え猛暑、酷暑が予想され、普段の生活でも、至るところでマスクによる熱中症のリスクを伝えています。

実は、それにもう一つ危険なことがあります。

それは、酸欠。

マスクをして呼吸をするのは、自分が吐いた息をまた吸うことです。

それは、酸素濃度が低くなった空気を吸い続けることになり、それ自体がもう軽い酸欠状態に。

頭痛、めまい、集中力の低下などがあったら注意が必要です。

対策としては、マスクをしないことが一番ですが、そうもいかない方も多いですよね?

最低限、以下の2つは実践しましょう。

・鼻呼吸(とくに人が多い場所では)

・定期的に(できれば30分に1回)人がいない場所を探しマスクをとって深呼吸

とくに後者が大切。

できるだけマスクを外せる環境に身をおく工夫をしましょうね。

詳しくはこちらを

マスク内の呼吸は酸欠状態?精神や肉体活動の低下を防ぐ方法とは

このブログよりも早く読める!メルマガ配信してます。すぐ登録できます。↓ ↓ ↓