今でも瞬発系のトレーニングもするので、7歳の娘と100m走をしても負けないですが、網をくぐったり、袋跳びをする障害物競争だと、負けてしまうかも(笑)

たまに家で鬼ごっこをしたりしますが、机の下に潜りこんだり、ベットの上に飛び乗ったり、とにかく子どもたちは素早いです!

歳を重ねると屈んだり跳ねたりするのって苦手になりますよね?

大人になると体力が落ちて、腰が痛くなったり、背中や肩がこったりするイメージがありますが、歳とともに急激に落ちていくのはバネのほうで、同時にキレもなくなります。

直線を走るだけなら対抗できるけど、上下左右の動きになると極端に弱くなる。これが老化なのです。

力では子どもに勝てても、バネそしてキレでは負けてしまう。
正確に言えば、バネがなくなるからキレもなくなるのです。

若々しいカラダとは、なにも力だけじゃなく、バネそしてキレがあること。
それを取り戻すには、ラン・ダッシュ&ジャンプです。

フィットネスクラブで行うトレーニングでは、ランやジャンプはやりません。
それはヒザや足首などケガをするリスクがあるから。

でもA.R.M(Active Recovery Method、記事の最下部を参照)は、回復力にフォーカスしてるからこそ、ラン&ジャンプを取り入れています。

若々しい丈夫なカラダになるには、子どもが遊んでいる時のような飛んだり、跳ねたり走ったり、時にはラフ(無茶)なこともしないとバネやキレが出てこない!

大人になると、

ボディメイクのような外見にこだわったり、
最新鋭のマシーンで効率しか考えなかったり、
型ばかり気にしたり、流行りのモノだったり、
体重やサイズダウンだけ追ったり・・

そんなキレイなことばかりに、捉われてるのが目立ちます。

それよりも大人がやらないようなこと、子どもが当たり前のようにやっていることをマネするほうが、カラダはしっかり疲れますね。だって子どものほうがバネとキレはあるんですから…

ラン・ダッシュだから、とにかく早く走り短時間で出し切る。
意外と見た目以上に効きます。

※A.R.Mは未来の健康の価値を創造し、 実践する場です。
Active(アクティブ)・Recovery (リカバリー)・Method(メソッド)
直訳すると『積極的に回復をはかる方法』。
 
『疲れをその日に取る』 『環境・季節対策のトレーニングメニュー』
 
この2つのアプローチで週1回15分、筋肉を 短時間で疲れさせて年間通じた圧倒的な回復力を獲得していきます。