(5月下旬のメルマガより)

だいぶ暑くなったきましたね。

この時期になるとデオドラント系の広告が目立ちます。ドラックストアでも専用コーナーがあり派手なPOPが・・・

あなたにとって汗はどういうイメージですか?

臭い、匂う、脂っぽい、ベトベトする?(苦笑)

だとしたら、それは汗をかかない習慣の人をイメージしてますね。

普段から汗をかかないからたまに出たとき、たまった老廃物も一気にでて匂う。

裏返せば、これだけ多くの商品があるのは、汗をかかない習慣が身についてしまったから?

もちろん他の要素もありますが、汗をかくって本来はそこじゃなくて、体温を調節する機能。

臭い匂うなんて気にしてる場合ではありません。

暑くなれば自然に汗がでるなんて思っていたら大間違い。

汗をかかなければ毛穴は閉じたまま。そう死んでる貝のように(悲)

毛穴だって開く習慣がないとすぐには汗が出ません。それは、この記事を読むとわかります。

若々しいカラダになるには汗腺も鍛える!

すでに気候は高温多湿の一歩手前で。水分をとる機会が自然に増えて体は水がたまりやすい状態に。

来月には梅雨入り。それがむくみ、体が重い、ダルさ、そして熱中症につながります。

汗かく習慣ないな~という人は、もっと汗かくことに焦ってください(笑)。

暑ければしっかり汗が出せる準備をするのが対策。梅雨そして後の猛暑にも対応できる体につながっていきます。

今月A.R.M(ActiveRecovery Method、記事の最下部を参照)では股関節をしっかり屈伸する、心拍数をあげるメニューを実践して汗がしっかり出る体づくりをしています。

動画はその一部です↓

※A.R.Mは未来の健康の価値を創造し、 実践する場です。
Active(アクティブ)・Recovery (リカバリー)・Method(メソッド)
直訳すると『積極的に回復をはかる方法』。

『疲れをその日に取る』 『環境・季節対策のトレーニングメニュー』

この2つのアプローチで週1回15分、筋肉を 短時間で疲れさせて年間通じた圧倒的な回復力を獲得していきます。