今回は結論から言っちゃいますね(笑)

それは、新たな刺激を入れ続けること。

もともと人間は慣れの動物ですから、新しいことにトライしても

次とか、またその次とか、だんだん適応していきます。

新たな職場、初めてのセミナー講師、免許とりたての車の運転、知ってる人が誰もいない交流会など

最初は、ドキドキ、そわそわして、落ち着かない。精神的にも疲れるし、気も使う。

これって、かなり刺激が入っている証拠。

ただ、時間がたつにつれ、何回もやっていくうちに慣れてくる。

これって、裏を返せば、どんどん刺激が減ってるってことです。

刺激が少なくなればなるほど、居心地はいい。

するとそこで成長はストップ。

あと鈍るし衰えるし老化も進んで、衰退していく一方。

居心地のいいところばかりにいても成長は望めません。

では、体づくりの面ではどうかというと一般的なトレーニングは(例え話で)、

自転車が乗れるようになったら、こんどはそれが上手く乗れるようにしていく方法。

だからダンベルやウエイトなど毎回、同じツールを使ってやります。

それでも、慣れていくので、どうするかというと

重さを上げたり、回数を増やしたりするしかないんですね。

それと正反対なのがA.R.M(Active Recovery Method、記事の最下部を参照)トレーニング。

例えでいえば、今月は一輪車、来月はスカイダイビング、その次は書道といったように(笑)

毎月毎週、新たなものを覚え、学ぶような仕組みを作り上げています。

だから、飛んだり跳ねたり走ったり、寝そべったり屈んだり、ぶる下がったり捕まったり持ちあげたりと・・・

書ききれないほど、まぁ~様々です。

コーチだって、できないものあり、やってて不格好で、コーチらしかならぬ動作(つまずいたり)もします。

ただ、それは体力がないのではなく、これまでに経験したことがないやり方なので、そのように見えるんです。

それは、新たな刺激が入っている証拠。

子どもがやってることを大人もやるって感じ。

決して楽(ラク)ではありません。けど、愉しいんですね。

それは、新たな刺激が入るからだし、しっかりリターンもある。

刺激を入れ続けるから若々しくなって、そしてさらに若返っていく。

刺激は入れてもらうのではなく自ら入れるもの。

受動的か積極的かでもまったく違ってきます。

プロのサッカー選手が海外のチームに移籍するのも、プロ野球選手がメジャーに行くのも

みんな新たな刺激を求めにいくから。

それは、何もプロに限ったことではなく、身近にもたくさんあります。

恋愛だってそう、転職やいまは副業だって、起業するのだって、語学や何かを学ぶのも。

レベルアップやネクストステージといったそんなカッコつけた言い方なんて、どうでもよくて、

新たな刺激(SHIGEKI)をいれる。そして、入れ続ける。

ただ、それだけでいい・・これが、若々しくい続ける秘訣です!

家で刺激を入れるならこれですね。

膝を出さないでしっかり腰を下ろしましょう!

レッスンではこんな感じでやってます!

このブログよりも早く読める!メルマガ配信してます。すぐ登録できます。↓ ↓ ↓