ある会の席でご挨拶にこられたアラ還女性が、私がトレーニングコーチだと知ると、

「以前、筋トレしていてインナーマッスルをよく鍛えていました~」と開口一番。

こちらも、すかさず、今はやっていないんですね?って返したら

「はい」ですって(笑)

さらに今週もある交流会でお話ししたミュージシャンを目指している男性に

体づくりすると声がよくなりますよ、と言ったら

「インナーマッスルだけ鍛えるといいんですよね?」

と返され、私の頭の中は「????」。

立て続けにインナーマッスルの言葉を聞いてそれってそんなに大事なの?(私は全くと言っていいほど気にしておらず)

と思いつつも、ネットやメディア情報に流されてるな~とも。

インナーマッスル、あなたも聞いたことありますか?

インナーマッスルとは、身体の奥に位置している筋肉の総称として用いられる。

インナーマッスルとは対象に身体の表面に位置している筋肉はアウターマッスル(表層筋)

と呼ばれている。by ウィキペディア

要するに、筋トレして鍛えられる表層の筋肉(アウターマッスル)に対して、

深層部にある(股関節や肩関節、背骨にある)小さい筋肉(インナーマッスル)のことです。

実際にインナーマッスルという筋肉の部位はありません。

検索すると他にも、

  1. インナーマッスルを鍛えて美ボディに
  2. ヨガでインナーマッスルを鍛える
  3. インナーマッスルを鍛えれば痩せる

なんてたくさん出てきます(笑)

確かにインナーマッスルを鍛えるメリットはあります。

ただ、おじさんからひと言いわせてもうらとインナーマッスルを鍛えるには、

アウターマッスルがしっかり鍛えられていないと無理なんです。

大きい筋肉(お尻、腿、背中など)がしっかりしてる(鍛えられている)から

小さい筋肉まで届く(鍛えられる)。

ちょっと動いただけで、ゼーゼー、ハーハー、負荷が少しかかっただけでキツいー

なんて言っている人がインナーマッスルまで鍛えられると思いますか?(爆)

旅行の計画と一緒で、まず大枠から決めますよね。

どこに行くのか(海外or国内)?
何日間いくのか?
何月何日に出発するのか?

そして段々と細部に落とし込んでいくのと、同じです。

いきなり、3日目の夜は・・・なんて決めないでしょ(苦笑)

検索ついでに、いろいろページを見ていたら、

アウターマッスルをつける前に、まずインナーマッスルを鍛えることから始めましょう。

なんて、言ってる人もいるので気をつけてくださいね。

何よりもまずは、しっかりカラダを疲れさせることから。

基礎、基礎、基本、基本ですよ!

このおススメのエクササイズやってますか?

今年から月初はすぐ役立つ健康対策をお伝えします!

このブログよりも早く読める!メルマガ配信してます。すぐ登録できます。↓ ↓ ↓