アクセルとブレーキの踏み間違えによる悲惨な事故が、メディアで取り上げられるたびに、

免許を返納する高齢ドライバーが増えているとか。

通行人を巻き込み死者がでるほどの事故。

免許返納も対策ではありますが、自身の能力を落とさないようにすることも大切です。

では、どんな能力が落ちたことが原因なんでしょうか?

それは、複数の動きを同時に行う能力が低下したからです。

ちょっとこの動画をみてください↓

動画を見ると、キャップを落としたことに気を取られ、他に注意がまったく行き届いていません。

それに加えて問題なのは、水が漏れているのに、混乱して軌道修正できていないため、こぼしっぱなし。

だから、アクセルを踏み続けたまま100メートルも進んでしまいます。

高齢ドライバーによる事故と同じ理論。

先述のように、事故を起こさないようにするためには、

普段から同時並行的に処理する能力を鍛えること。

トレーニングでいえば、複合的なメニューになります。

例えば、

ジャンプしながら持ちあげる。
チューブを引っ張りながらスクワット。
縄跳び。

など、2つ以上の動きが組み合わさったものです。

これらを定期的に行うことで、その能力が落ちにくくなり、未然に防げると考えています。

これは、日常でも、話しながら書いたり、走りながら操作する自転車なども同じ能力。

こうした「ながら」の動きができるかどうかが、一つのバロメーターでもあります。

あなたが思っている以上に、この能力は落ちるのが早いです。

普段から意識してカバーしたいですね。

縄跳びは、足をグーパーするとより複合的に↓

こんな複合メニューにもトライしてます。引っ張りながらジャンプ!

★お知らせ★

週1回たった15分
で疲れない体に!

11月24日(日)A.R.Mトレーニング
体験レッスン募集中!