【中止決定】東京都知事の外出自粛要請を受け、3月31日の開催は中止することにいたしました。

今後の開催につきましては、状況を見ながら判断いたします。

ご案内はメルマガより優先して配信いたします。
興味ある方は最下部↓のリンクからご登録ください。↓

久保木 啓之

縄跳びを通じて健康なカラダを作っていくのを学ぶ、とても愉しいワークショップです。

他の運動と比べて始めるハードルが低いですから気軽に参加できます。対象となる方は、

・寒さ暑さに負けない体力をつくりたい方
・姿勢改善や代謝アップで若返りたい方
・運動不足を解消したい方
・疲労、ケガ、病気からの回復力を高めたい方
・いつまでも丈夫なカラダでいたい方

ワークショップの概要

ジャンプロープ・コーチ 久保木啓之

このワークショップでは、今なぜ大人世代が縄跳びをやる必要があるのか?を明らかにします。

私はトレーニングコーチとして指導し自身でも実践しているので、お伝えしたいことは山のようにありますが、

最初に「大人がなぜ縄跳びなのか?」をご説明しましょう。

縄跳びをおススメする理由

健康を考える上で運動は欠かせないキーワード。

大人世代が抱えている問題の1つは運動不足。

そう、運動不足は「免疫力」の低下につながるのです。

ただ、仕事や家庭などで忙しい大人世代は時間がないのが特徴。

できれば、短時間でより効率よく運動できるものがあれば理想的です。

そこで、キーポイントとなるのが「全身運動」。全身運動といえば様々な種目があります。

まず水泳は、

・泳げれば全身運動。
・泳げて上達しないと全身運動にならない。
・プールがないとできず、季節的なハードルも。
・体にとてもやさしく健康力は抜群

次にランニングは、

・シューズさえあればできてハードルが低い。
・ある程度の距離を走らないと効果がない。
・持久力など上達しないと全身運動にならない。
・中心は下半身、上半身は殆ど運動にならない。
・20分走っても運動不足の解消にならない。

最後に縄跳びは、

・毎回のジャンプで短時間でも相当な運動量。
・体力UPだけでなく機能的になり使える体に。
・上手くならなくても全身運動になる。
・獲得できる健康力はダントツ。
・1本縄があればどこでもできハードルが低い。

水泳やランニングと違って、やり方さえ間違わなければ、上手くならなくても全身運動になる。

つまり、大人にとって最も適している運動は縄跳びです。

始めるハードルも低い、これがおすすめしている理由です。

やり方については、絶対におさえる必要があるポイントがいくつかあります。

今回は特別にその中でも一番大切なものをお教えします。

ワークショップの特徴

◆ 寒さ暑さに負けない体力を取り戻せます。

連続でジャンプを繰り返す縄跳びはスタミナ(持久力)がつきます。

筋肉や骨、体幹などを強くし丈夫な体になっていくのは毎回、全身に刺激が入るから。

肩こり、腰痛、疲労やストレスからの回復にも効果があります。

◆ 楽しく学んで日常に活かせるワークショップです!

すでに参加された方は、皆さん全員が楽しく刺激的だったと言います。

それは、縄跳びの特性をうまく使って説明するからです。

体の使い方というと整体のように小難しい話になりがちですが、

縄跳びだとわかりやすい例えになるので、楽しく学べます。

◆ 効率よく運動不足を解消できます!

毎回のジャンプで短時間でも相当な運動量。1秒に1回跳んだとしても1分で60回。

運動習慣がない人だとすぐ息が上がりますが、走らなくてもランニングと同等のカロリーを消費できるのが利点。

とくに冬場は運動量がかなり落ちるので、それを補うこともできます。

◆ 体内機能もよく働くようになります。

冬でも数分、跳ぶだけで体が暖かくなり、その後も続けるとけっこう汗が出てきます。

体温が上がり、血流がよくなり、代謝もアップしますから冷え性の女性にもおすすめ。

毎回のジャンプで腸が動くので便秘の解消にも繋がります。

◆ 年を重ねても体が若返っていきます!

連続ジャンプで反射神経がよくなり、フットワークも軽くなっていきます。

ある部分を意識すると姿勢もよくなり、続ければ続けるほど体も引き締まっていきます。

なぜか跳び続けていると自然に笑顔にもなっていきドンドン若返っていきます。

◆ 健康に生かすための絶対に必要なポイントがわかります!

初めにこのように跳んでください、と1つお約束を決めます。これは絶対に必要なポイントです。

それは言われなければ誰もが意識しないこと。ある参加者は、

「これを知らなかったら、ただ単に跳んでいた」と言って深い気づきを実感していました。

◆ 縄跳びで繋がりができます!

参加者どおしが初対面でも座学と違い、体を動かすと緊張がほぐれていき、打ち解けるのが早いです。

終了後には懇親会も予定してますので、さらに親近感をえて縄の輪ができ、

あなたもコミュニティの一員になれます。

参加者の声

縄跳びワークショップ参加者

鈴木長之さん(男性)

今まで意識することなく跳んでいた縄跳び。ちょっとした工夫で負荷が大きく変わり、縄跳びだけで充分、全身の血行を良くし、健康にも良いことが体験でたこと。

おススメの言葉

加藤(匿名)さん(女性)

場の雰囲気をリアルに体験できた点。お腹、胸に呼吸を入れる大事さを体感できたこと。

数年間、跳んでいず、跳べるか不安もありましたが、久保木さんの指導と、ご一緒した方の勢いで、私も跳べました。

心臓の動きが短い時間でも感じられるのが気持ち良く、縄跳びのスゴさを知れました。

おススメの言葉

久保木さんと初対面でも、初めてでも、とっても楽しめました。

小野塚 仁さん(男性)

体の姿勢の基本(縄跳びを通じて)を学べた。同じ縄跳びでも「跳び方」でこうも体づくりに効くのか!!と感動した。

おススメの言葉

縄跳びが久しぶりな方も、そうでない方も 新しい世界が開けます!

山崎久美さん(女性)

縄跳びの跳び方のコツをうかがっただけで、さっき迄の自分と違うとび方ができて、嬉しくなりました。

大人になると「できるようになる」という、体験がめっきり少なくなるので、達成感が味わえたのは新鮮でした。

今日から縄跳びを跳ぼうと思えました。

おススメの言葉

大人になって跳べない!!と思っていても、久保木さんの魔法の言葉がけで、みるみる楽しく跳べて、もっと跳びたくなった。

石鍋恒明さん(男性)

体のリズムとバランスの大切さを知ることができました。こんなに汗が出たのは久しぶり!またやってみたい。

馬場賢一さん(男性)

日常の中で意識することが明確になった。走るときだけでなく普段の基本動作をトレーニングにつなげられると思う。

縄跳びという簡単な運動の奥深さを思い知らされた。トレーニングの一環としてこれからも続けていきたい。

おススメの言葉

短時間で密度の濃い、かつ日常生活につながるレッスンなので特に忙しい人、時間がない人におすすめです。

ランニングが趣味ですが、いろいろな気づきがありました。

藤島聡子さん(女性)

久保木さんのワークショップとなわとびのセッションに参加できたことが、

何よりも血流のUP、心と体を開かせてくれるきっかけとなりました。

どんなこともポイントを押さえることが大切な中で、

小学生の頃に慣れ親しんだなわとびも、きちんとポイントを押さえることで、

大げさではなく健康に直結できる人生を送れること教えていただきました。

おススメの言葉

久保木さんの的を得たエクササイズで私たちの未来は明るい!

気軽に楽しめる、そして身の詰まった久保木さんのジムに是非ご一緒しましょう

中川賢治さん(男性)

普段、座りっぱなしの仕事で体の姿勢が悪く体調もあまり良くない状態が続いていました。

久保木さんの縄跳びワークショップは、寝ていた身体をさますにはとても楽しく目からウロコが落ちることばかりでした。

今日学んだことは私生活に取り入れて、体力向上に努めていきます。

おススメの言葉

縄跳び一本で楽しいワークアウトができるのでおススメです。

縄跳びワークショップ

ワークショップの詳細

名称:

おとな世代の使える体づくり! 縄跳びワークショップ

対象となる方:

寒さ暑さに負けない体力をつくりたい方
姿勢改善や代謝アップで若返りたい方
運動不足を解消したい方
疲労、ケガ、病気からの回復力を高めたい方
・いつまでも丈夫なカラダでいたい方

日時:

2020 年 3 月 31 日(火) 18:30~20:00
※20:30から近くのお店で懇親会(自由参加)

会場:

東京都中央区内のスタジオ
※詳細は参加者さまに直接メールいたします。

定員:

4名

参加費:

5,000 円(税込)/人
3,000 円(税込)/人 ※3月22日(日)まで早割価格

懇親会代は当日(5,000円程度)

持ち物:

・縄跳び
※レンタルも数本あります(お申込みフォームにレンタル希望とお書きください)。
ただ、縄跳びは安価ですから、今後のためにもご自身でご用意いただけると講師が元気になります(笑)。

・室内用シューズ(靴底を拭いてきてもらえれば外用も可)
※裸足でもできますが。ケガ防止のためシューズ着用を推奨

・動きやすい服装
※更衣室あり
※できればスポーツウェアなどの動きやすい服がいいですが、ジーンズ、スーツでもOKです。

お支払い方法

クレジットカード(paypal)、銀行振込。
銀行振込みの手数料はお客さまのご負担になりますので、クレジットカードをお奨めします。

メルマガでは、優先してご案内しています。
↓ ↓ ↓