先日、調べものがあったので久々に図書館に行ってきました。

そのついでに館内の雑誌コーナーに立ち寄ると表紙に自体重トレという赤い文字が目の前に。そう健康雑誌といえばTarzan(ターザン)ですね。

中身を見るとスクワットやプッシュアップなど全部で173種類のトレーニング方法が解説されていて、中には公園で鉄棒を使ったり、ベンチに座って腹筋してみたりとバラエティ。

家でも外でも手軽にできるのが自重トレの良いところでもあります。ただ、いま何か状況を変えたいなら、自分の持っている力を少しでも超えて出せられるかがポイント。

実は限界をちょっとでも超えるところまでやらないと筋肉って強くならない。成長につながらないってことです。

40代を過ぎると加速度的に体力が落ちていくのは周知の事実。

本を読みながら、音楽を聴きながら、仕事のことやプライベートのことを考えながらやったとしても、日々かかるストレスや疲労を跳ね除けることはできません。

ダラダラと余力を残しながらやっていても返って疲れるだけ。

瞑想目的なら構いませんが・・・

「やらないよりかはマシ」という思考では、ハッキリいって身体は変わらないし、そもそも続かない。

状況を変えたいなら、トレーニングに集中できる環境を自ら選んで、そのときくらいは何もかも忘れるくらいやる。

そういう意味でワンオンワンのパーソナルトレーニングがどんどん伸びてきているのではないかと思います。

私もよくストイックとか言われますが、一人では無理です(笑)どうしても限界の手前でやめてしまう。でも人というのはそういうもの。

かといって限界を超えないと変われない。であれば集中せざるを得ない環境に身をおくことがベスト。

「やらないよりかはマシ」ではなく「やるなら全てを出し切る」

だから15分という短時間なんです。しかも週1回だけ。

限界を少し超えた後には、達成感、充実感、爽快感といった快の感情が得られるのも特徴。

それは、回復して心身ともにリセットされた証なんです。

こんなトレーニングでも限界超えにトライしてます!

このブログよりも早く読める!メルマガ配信してます。すぐ登録できます。↓ ↓ ↓