(5月初旬のメルマガ「回復上手な疲れないカラダづくり」より)

実は先週、人生初?のギックリ腰に(大汗)

ジムの移転で荷物を運んでいるときに腰が少し痛いな〜って感じで、これが初動。

この時は、まだ自覚がなかったし、よくあるちょっと腰が痛いな〜という程度でした。

次の日も、その次の日も同じで、まだ自覚してません(苦笑)

そして次の日、最初に痛いな〜と感じた時から3日目。

娘たちの部屋をそれぞれの部屋に分ける作業をする日でした(前からの約束)。

家具を運ぼうとした時に、グギッと、あれっ、あれれっ〜

痛い腰が・・・
力が入らない・・・

もしやこれって、ギックリ腰?(痛)

間違いないなこれ。とても痛いし。

でも家具を運ばないと、娘たちも自分の部屋ができるのを楽しみしてるし。

ただ、この時、頭は冷静でした。

スクワットをすれば、何とかなる。大丈夫ってね。

普段からスクワットやってるし、そうなった時のためにレクチャーも受けてる。

クライアントにも、そのように指導して実際にギックリ腰になっても、

すぐ動けるって悦ばれてるし。その時の感想(画像をタップすると大きくなります)。

もちろん痛いですよ。くしゃみをしただけでも響くくらい。

ちょっと10分くらい座ると、腰が固まって(骨盤が前傾して)立ち上がっても、しばらく腰を伸ばせない。

この日も、その後も何回スクワットしたことか(笑)

こんな感じで、壁に手をついてやるんですけどね。

壁スクワット

ただ、不思議とスクワットすると動けるんです。腰も伸ばせるから痛みも軽減する。

セルフケアで対応できたから何とかなって、部屋も無事に移動できて良かったです。

そりゃ痛いですけどね。

ただ、痛くても動けるし、やればやるほど回復に向かっていくからパフォーマンスも違ってくる。

ほんと準備って大事。

A.R.Mではギックリ腰になったらスクワットをするのが定説だし、

普段からスクワットをやっているから、できるんですよね。

やっていない人なら、痛みの方が勝ってしまうから、怖くて動けない。

準備をしているかしていないかで、パフォーマンスが圧倒的に違ってきますね。

これって私が例外というわけではなく、クライアントも同じ。

だから、誰にでもできるんです。要はやるかやらないか。

この時期に「とにかく汗をかく」のも、夏の暑さ対策だから、やるとやらないでは、受け取る未来、そして人生が変わってくる。

今回はそれを改めて実感。

大げさではなくて、ほんと人生が変わっているんです。

だから、A.R.Mをやってなかったらと思うと、ゾッとしますね。

それは、今回の件だけではなく、自分の価値とか、出会う人々とか、収入とかまで。

A.R.Mのトレーニングは(アクティブな)運動療法を強く意識したもの。

ダイエットやボディメイクとはまったく異なるんです。

人に役立ててきたことが、自分にも役立って、これで指導の幅が、また広がりましたね。

これフォーブスの記事ですが、運動療法は科学的なエビデンスがちゃんとあります。

突然の激痛「ぎっくり腰」早く治すには? 科学で検証された「最良」の方法

※A.R.M(↓)は未来の健康の価値を創造し、 実践する場です。

Active(アクティブ)・Recovery (リカバリー)・Method(メソッド)は、

自ら回復力を取り戻す体づくり。

『疲れをその日に取る』 『環境・季節対策のトレーニングメニュー』

この2つのアプローチで週1回15分、短時間で体を疲れさせて年間通じた圧倒的な回復力を獲得していきます。

このブログよりも早く読める!メルマガ配信してます。すぐ登録できます。↓ ↓ ↓