今月の健康対策をお届けしますね。

3月5日は、二十四節気では「啓蟄」でした。

これは簡単に言うと、冬眠から覚めた虫が穴から出てきますよという意味。

これからは「一番体が賑やかに変動する時期」でもあります。

今までのあなたは冬の体だったんです。

それは、内にため込んで逃さないようにするカラダ。

熱を逃さないように肉(脂肪)をつける(笑)

それが段々、暖かくなってくると緩み始めて、今度は外に出しやすくなってくる。

そう、デトックスの時期なんですね。だから虫も土から外にでるのです。

ということで、今月の対策は内臓強化!

新型コロナウィルスの状況も踏まえて免疫力アップも兼ねていきます。

しかも花粉症の方は花粉の対策にもなるので一石三鳥。

病気から守る免疫力は、実は「腸(内臓)」から生み出されていることがわかってきていて、

内臓を動かすエクササイズで体温もあげると効果はバツグン。

花粉はブロックするのも大事ですが、入ってきたら出す(デトックス)ことも必要。

これは新型コロナウィルスも同じ。

だから対策に終わりはないんですね。それは予防しても100パーセントはないから。

対策は花粉なら入ってきてもパフォーマンスを下げない、

新型コロナウイルスなら、かかっても重症化させない、ですから、万全な対策を。

ただ、内臓強化というと内臓に良いモノを飲食すればいいと考えがち(乳酸菌など)。

それはそれで結構ですが、デトックスですからアウトプットです。

動くことを優先する習慣を持とう。種目は、脚を開いて行うサイドタッチ(動画24秒)!

これは、股関節にアプローチするメニュー。
※股関節は内臓と繋がっています。

椅子や台を使って(左右)21回×3セットずつ。台は膝くらいか、それより上の高さで。

先月までのエクササイズ(スクワット腿上げ)も日を変えたりして継続してくださいね。

内臓の血流をよくすると水分代謝を促すと同時に元気になり、パフォーマンスも上がりやすい。

最後に内臓を強化するメリットは、

  • 水分代謝を促す
  • お通じがよくなる
  • 疲れにくくなる
  • 姿勢がよくなる
  • 基礎代謝が上がる

など、これでも一部ですが、たくさんあります。

こうした状況だからこそ、体を動かして前を向いて行こう!

このブログよりも早く読める!メルマガ配信してます。すぐ登録できます。↓ ↓ ↓